よくあるご質問Q&A

Q1. 何歳まで働けますか?

A.特に年齢制限はありませんが、列車運行のダイヤを見たり、資格所得のため視力と聴力の検査があります。
60代の方も多く働いて頂いています。

Q2. どのくらいで現場に出られますか?すぐに働きたいのですが...

A.警備員として現場に出るのに、最初に4日間の新任教育を受けていただきます。
列車見張り員の資格を所得するのには、申込の混み具合にもよりますが、おおむね2-3ヶ月かかります。
ですので最初は交通誘導員として働いていただき、資格所得の後、列車見張員としてデビューしていただきます。
見張員の資格所得は、実質平日の2日半程度です。

Q3. お仕事はいつもありますか?

A.JR東日本の工事規制期間はほぼお休みになります。(年末年始、ゴールデンウィーク、お盆の期間を含むそれぞれ10日間程度)
秋以降、3月中旬までは繁忙期でかなりの仕事があります。
また列車見張員の資格所得後はいける現場が飛躍的に増えます。
逆に交通誘導員のうちは、列車見張員よりは仕事が少ないと考えてください。

Q4. できれば毎日同じ現場に行きたいのですが...

A.鉄道工事の場合、建築現場や道路工事と違い、毎日同じ場所で同じ工事を行うことは限られた現場と隊員です。
多くて週2‐3日程度が平均です。
また作業の進捗状況に応じて、保安体制も日々変わりますので、注文人員の増減が頻繁にあります。
隊員の皆さんにはなるべく個人の予定に応じて、また慣れた現場、通いやすい現場を選んでお仕事を回している状況です。

お問い合わせ

TEL:03-6424-8551

営業時間:9:00〜17:00 
定休日:土曜日・日曜日・祝日
FAX:03-6424-8552 
※FAXは24時間対応